« パンタナルレッドピンネイト | トップページ | 水草レイアウトと南米産ミズハコベ »

2008年4月13日 (日)

水草レイアウトと外部式フィルターの清掃

 消滅したと思われた水草レイアウト水槽の藍藻(らんそう)が、古くなった
グロッソスティグマや流木に残ったわずかな南米ウイローモスをおおうよう
に付いています。

 定期的に藍藻の駆除と底床の清掃を行っていましたが、完全に消滅して
くれないようです。やはり水草水槽のリセットの時期が来たのか?

 水草水槽を立ち上げて4年半以上が経ちます。

 最後のあがきと思いグロッソスティグマを全て取り除き、流木を水槽の外
に出して、木酢を噴きかけて藍藻を取り除きました。そして、ロタラ・ロトン
ディフォリアとブリクサ・ショートリーフ全て抜き取りました。これで水槽内に
水草は一本も残っていません。

 それから、底床に溜まった沈殿物をスポイトで吹きかけて、水中に浮き上
がらせ、それを外部式フィルターの吸水口から吸わせました。茶色く濁った
水槽水で熱帯魚やエビも見えなくなりました。しばらくして水槽水が澄んでき
たら、流木を元の位置に戻し、古くなった茎の下を切り落としたロタラ・ロトン
ディフォリアの上部を差し戻しました。そして、ブリクサ・ショートリーフを植え
直しました。

 そしていよいよ外部式フィルターの清掃です。(笑)

 思えば、外部式フィルターの清掃をするのは、約2年ぶりだと思います。
実はよく覚えていません。(笑)

 リリィパイプを慎重に外して、外部式フィルターを風呂場に運び、フタを開
けてみると、スポンジやろ過材に泥などの汚れがベッタリと付いています。
それを中和した水で洗うと、たちまちその水が黒く濁りました。想像以上に
汚れていた外部式フィルターに驚きです。藍藻発生の原因が分かった気が
しました。(笑)

 見違えるようにキレイになった外部式フィルターとリリィパイプとパレング
ラスを水槽にセットしました。

 思ったとおりです。それから二週間が経過しますが、藍藻が発生する気
配がみじんもありません。

 そして、グロッソスティグマの後継者にとチャームで南米産ミズハコベを
購入して植えました。今後の水草レイアウトの展開がとても楽しみです。

 久しぶりのコケの無い水草水槽に、植えたばかりの南米産ミズハコベ
美しさに癒される今日この頃です。(笑)

 EHEIM(エーハイム)外部式フィルター2213
 クリオン パワーハウス ソフトタイプ

あなたも水草水槽レイアウトで、癒しのライフスタイルを!

人気ブログランキング
観賞魚ブログ ランキング

|

« パンタナルレッドピンネイト | トップページ | 水草レイアウトと南米産ミズハコベ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199405/40869702

この記事へのトラックバック一覧です: 水草レイアウトと外部式フィルターの清掃:

« パンタナルレッドピンネイト | トップページ | 水草レイアウトと南米産ミズハコベ »