2007年3月 7日 (水)

水草水槽のろ過システム9

 今回は、『水草水槽のろ過システム8』の続きです。

 水草水槽のろ過システムの中で最も重要な生物ろ過に
ついて、もう少し書きたいと思います。

 水中に浮遊する有機物、藻類、病原菌などは、フィルタ
ー内のろ材や底床に住み着く微生物(バクテリア)によっ
て捕食されて分解されます。

 熱帯魚などの水生動物の排泄物に含まれるアンモニウ
ムの濃度が高くなると熱帯魚やエビなどにとって有害で
す。

 その有害なアンモニウムは、好気性バクテリアの働きで
亜硝酸、硝酸と形を変えて無害化されて、水草の栄養分
として吸収されます。

 水草に吸収し切れなかった硝酸は、換水で取除きます。

 さらに嫌気性バクテリアが住み着く水草水槽では、脱窒
菌が硝酸を
窒素として空気中へ放出してくれます。

 安定した水草水槽では、自然界と同様の環境がつくり出
されています。

 水草水槽のろ過システムでは、できるだけ微生物(バク
テリア)が住み着きやすい環境づくりが重要になります。

 そこで重要なのは、ろ材底床選びです!

 その他気になるろ材です!嫌気性バクテリアが住み着く
ことを売りにしているろ材です。

 EHEIM(エーハイム)2213

 最後までお読み頂きありがとうございます。

人気ブログランキング
観賞魚ブログ ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 1日 (木)

水草水槽のろ過システム8

 今回は、『水草水槽のろ過システム7』の続きです

 水草水槽のろ過システムでこだわりたいのは、やはり
フィルターの出水用パイプでしょう。

 出水用のパイプは、見た目だけでなくその形状により、
水流が変わり水槽内の環境が左右されてしまいます。

 水流が弱すぎるとCO2が水槽全体に拡散されなくなり、
また、ろ過能力も低下します。逆に水流が強すぎると水
草がなびきすぎたり、また、強すぎる水流はコケの発生
原因にもなります。

 そこでおすすめしたいのが、ADAのリリィパイプP(出水
用)です。定番ですね!

 このリリィパイプの特徴は、ガラスの美しい形状と水槽
内に理想的は水流をつくりだすことです。

 また、リリィパイプでのエアレーションは空気を巻き込む
音がとても心地良く癒しをもたらしてくれます。

 水槽立ち上げのころは、私の水草水槽も消灯時にエア
レーションを行っていましたので、その音を楽しんでいま
した。

 今では、エアレーションを行っていないため、その音を
聞けません。少し寂しいです(笑)

 なにわともわれ一番のおすすめのです!

  Photo_28    

 最後までお読み頂きありがとうございます。

 続きは、次回にします!!

ADA リリィパイプ(出水用)P―2
 
人気ブログランキング
観賞魚ブログ ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

水草水槽のろ過システム7

 今回は、『水草水槽のろ過システム6』の続きです。

 水草水槽の立ち上げ時は、珪藻(茶コケ)が外部式フィル
ターのホースやリリィパイプに付着して、フィルターの水流が
弱くなってしまいます。

 ガラス製のリリィパイプのを清掃する場合は、細心の注意
を払って慎重に行いましょう。

 特にリリィパイプ吸水用は割れやすいです!

 私も清掃中にパッリン!! 2週間後にまたパッリン!!

 この時初めて自分が不器用なことを知りました。(笑)

 ガラス製のリリィパイプ吸水用は、ガラスの美しさに
魅力があります。自分ことを器用と思う人にオススメです!

 そうでないと思う人は、こちらをどうぞ!

 私のオススメのステンレス製のリリィパイプ吸水用です。

 このリリィパイプの特徴は、ステンレス製なのでさびない、
吸水口の部分が目の細かい網状になっているため、大き
めのゴミや小さな魚がフィルターに吸い込まれる事故など
を防ぐことができます。また、スリムな形状なため水草レイ
アウトの美観を損なうことがありません!

 今では不器用な私のお気に入りです。(笑)

 ~ガラス清掃用品~

 【グラスウォッシャー】 【ガラス洗浄液

 最後までお読み頂きありがとうございます。

 続きは、次回にします!!
 

人気ブログランキング
観賞魚ブログ ランキング

続きを読む "水草水槽のろ過システム7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

水草水槽のろ過システム6

 今回は、『水草水槽のろ過システム5』の続きです。

 水草水槽の立ち上げ時は、水草を植える際に底床を巻き
上げやすいなどの理由から外部式フィルター内のスポンジが
目詰まりして、水流が弱くなってしまいます。また、ろ過能力も
低下してしまいます。

 私も最初の頃は、勝手がわからず、水槽内をよくドロドロに
したものです。正直泣けてきます。(笑)

 そうなった場合は、めげずにフィルターの清掃をしましょう!

 フィルターのスポンジとろ材を洗う場合は、必ず水槽の水、
または、中和剤で残留塩素を取除いた水を使います。

 水道水で洗うとせっかく付着したバクテリアが死滅してしま
います。要注意です!

 洗うと言っても、ろ材をゴシゴシこすったりしたらダメですよ!
ろ材が崩れてしまいます。水に浸して軽くすすぐ程度で十分
です。

 最初の頃は、フィルターのメンテナンス(清掃)も必要ですが、
水槽が安定してくるとほとんど何もしなくてよくなります。

 私の外部式フィルターEHEIM(エーハイム)2213は、か
れこれ、6ヶ月ぐらいほったらかしです。

 最後までお読み頂きありがとうございます。

 続きは、次回にします!!
 
人気ブログランキング
観賞魚ブログ ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

水草水槽のろ過システム5

 今回は、『水草水槽のろ過システム4』の続きです。

 好気性バクテリアは、パイロットフィッシュを入れることで、
排泄物に含まれるアンモニウムを餌にして増殖(分裂)を始
めます。

 アンモニウムを亜硝酸に変える亜硝酸菌(ニトロソモナス)
は、1日で1分裂すると言われています。

 単純に2日目=2個、3日目=4個、4日目=8個、30日目
で 536,870,912個の計算になります。恐ろしい増殖スピー
ドです!

 本当に分裂しているのか?目で見えないのでよく分からない
ですけど!(笑)

 亜硝酸を硝酸に変える硝酸菌(ニトロバクター)の増殖スピ
ードは、少し遅いようです。(2日に1分裂)

 とりあえず、水がピカピカに輝いてきたら生物ろ過の完成で
す。(通常約3ヶ月要します。)

 あせらずに気長に待ちましょう!(笑)

 最後までお読み頂きありがとうございます。

 続きは、次回にします!!
 
人気ブログランキング
観賞魚ブログ ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

水草水槽のろ過システム4

 今回は、『水草水槽のろ過システム3』の続きです。

 水草水槽の生物ろ過が完成するまで、約3ケ月かかります。

 まずは、好気性バクテリアを増やす必要があります。その方
法は、好気性バクテリアの餌となるアンモニウムを水槽内に入
れることです。つまりパイロットフィッシュを入れることにより、好
気性バクテリアを増やすことができます。

 しかし、水槽セット初期は好気性バクテリアが少なく、魚など
の排泄物に含まれるアンモニウムが分解されず、その毒素で
入れたばかりの熱帯魚がすぐ死んでしまうことがよくあります。
皮肉な話です。

 パイロットフィッシュは、オトシンクルスやサイアミーズ・フラ
イングフォックス
などのコケを食べる魚を中心に入れると良い
でしょう。この魚たちは、比較的丈夫です。また、水草水槽を
維持するために欠かせない魚たちです!

 最後までお読み頂きありがとうございます。

 続きは、次回にします!!
 
人気ブログランキング
観賞魚ブログ ランキング

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

水草水槽のろ過システム3

 今回は、『水草水槽のろ過システム2』の続きです。

 水草水槽のろ過システムの中で最も重要なのは、ろ材選
びです。

 私の外部式フィルターのろ材は、クリオンのパワーハウス
(ソフトタイプ)
です。このろ材の特徴は、微生物の居住性が
良いことと、水質を弱酸性に保つ効果があることです!また、
長持ちする、つぶれないなど耐久性にすぐれています。

 アクアソイル・アマゾニアの底床との相性もとても良いです。

 最良のろ材を選ぶことで、ろ過システムはもとより、水質ま
でも安定させることができます。優れものです!(笑)

 最後までお読み頂きありがとうございます。

 続きは、次回にします!!
 
人気ブログランキング
観賞魚ブログ ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

水草水槽のろ過システム2

 今回は、『水草水槽のろ過システム』の続きです。

 水草水槽のろ過機能で最も重要な生物ろ過は、ろ材や
底床に住み着くバクテリア(細菌)の働きによって水を浄化
してくれます。

 <好気性バクテリアの働き>

 魚などから排泄される有害なアンモニウム
                    

 亜硝酸菌(ニトロソモナス)によって亜硝酸となる
                    ↓
  亜硝酸は硝酸菌(ニトロバクター)により、生物に比較的無
害な硝酸になる。
                    ↓
     硝酸は換水により、水槽の外へ放出される

 ここまでが、水草水槽の一般的な生物ろ過の仕組みです。

 更に究極のろ過は、硝酸を嫌気性バクテリアの脱窒菌が
窒素として、空気中へ放出する仕組みです。

 この生物ろ過が完成すると換水が必要なくなります。
完璧なろ過の完成です!

 私の水草水槽は、このろ過が完成しているのか?実際
のところはよくわかりません。

 夜間のエアレーションを行っていない私の水草水槽は、
きっと好気性バクテリアと嫌気性バクテリアが共存してい
るはず! と願うばかりです。(笑)

 最後までお読み頂きありがとうございます。

 続きは、次回にします!!
 
人気ブログランキング
観賞魚ブログ ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月 6日 (火)

水草水槽のろ過システム

 水草水槽では、ろ過システムとして、外部式フィルター
を使用します。

 外部式フィルターの役割は、物理的ろ過と生物的ろ過を
機能させることです。

 物理的ろ過は、目に見える濁りやゴミなどをフィルター
内のスポンジにより取り除くための物です。 

 生物的ろ過は、フィルター内のろ材に微生物群(バクテリ
ア)が住み着き排泄物などの汚れを分解することで、病原
菌の発生やコケの発生を抑えるための物です。

 水草水槽のろ過システムが魚や水草の健康を日夜守っ
てくれています!頼もしい限りです。(笑)

 私の水草水槽の外部式フィルターは、EHEIM(エーハイム)
2213
です。このフィルターの特徴は、とてもパワフルで、ろ材
の収容能力が高く価格的にもお手ごろです。また、今のところ
トラブルもなく私のお気に入りです。

 最後までお読み頂きありがとうございます。

 続きは、次回にします!!
 
人気ブログランキング
観賞魚ブログ ランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)